日本エイアンドエル株式会社
TOP ABS樹脂 SBRラテックス 会社紹介 採用情報 お問合せ
 
 
ナルスター

適用用途

SBRフィルム特性グラフ

MBRフィルム特性グラフ

ラテックス事業部TOP

ラテックス相談室Q&A

物性表

ラテックス事業部
     
 
 
 

▼ナルスターR SBR系シリーズ物性表

製品名

タイプ

全固
形分
(%)

pH

粘度
(mPa・s)

粒子径
(nm)

ゲル
含有率

(%)

Tg
(℃)

表面
張力

(mN/m)

フィルム
特性

フィルム
吸水率
(%)

製品
特徴

破断時
応力
(MPa)

破断時
伸び

(%)

3hr

24hr

SR-100

カルボキシ
変性

51.0

9.0

150

180

50

27

49

29.8

25

3.9

6.4

ハードタイプ

SR-102

カルボキシ
変性

48.0

6.0

70

200

85

21

57

14.5

390

4.0

8.8

ハードタイプ

SR-103

カルボキシ
変性

48.0

5.0

150

220

80

7

55

14.3

420

7.4

14.2

汎用スタンダードタイプ、安定性良好

SR-104

カルボキシ
変性

48.0

6.0

200

160

85

3

60

16.8

450

5.5

12.1

機械的安定性良好

SR-107


カルボキシ
変性

48.0

7.0

70

170

90

-15

60

17.1

550

1.5

4.0

低カルボキシ変性スタンダードタイプ、耐水性良好

SR-115

カルボキシ
変性

48.0

8.0

100

170

85

37

31

-

-

-

-

ハードタイプ

SR-116

カルボキシ
変性

50.5

8.5

300

140

85

-28

56

12.2

590

5.0

12.7

スタンダードタイプ

SR-119

カルボキシ
変性

50.5

8.5

300

140

65

-35

52

6.9

860

29.2

32.9

ソフトタイプ

SR-130

未変性

49.0

9.5

30

220

85

-1

35

4.4

508

21.2

-

ノニオンタイプ(電解質との混和性良好)

SR-140

カルボキシ
変性

48.0

7.5

140

150

60

-12

51

9.0

550

8.5

17.2

スタンダードタイプ

SR-151

カルボキシ
変性

50.0

7.0

250

100

95

-27/15

49

24.6

440

5.1

15.0

小粒子径

SR-152

カルボキシ
変性

48.0

7.0

300

160

85

-1

59

18.1

380

2.8

7.8

高カルボキシ変性タイプ

SR-153

カルボキシ
変性

48.0

8.0

300

130

90

35

44

19.1

5

12.9

16.0

ハードタイプ

 

▼ナルスターR MBR系シリーズ物性表

製品名

タイプ

全固
形分
(%)

pH

粘度
(mPa・s)

粒子径
(nm)

ゲル
含有率

(%)

Tg
(℃)

表面
張力

(mN/m)

フィルム
特性

フィルム
吸水率
(%)

製品
特徴

破断時
応力
(MPa)

破断時
伸び

(%)

3hr

24hr

MR-170

カルボキシ
変性

45.0

8.0

20

150

100

5

38

15.4

260

4.2

14.9

ハードタイプ

MR-171

カルボキシ
変性

48.0

8.5

60

180

75

-20

55

13.0

710

19.2

-

スタンダードタイプ

MR-173


カルボキシ
変性

45.5

8.0

20

150

60

-20

37

6.4

800

6.5

35.4

ソフトタイプ

・上記表中の物性値は代表物性値であって、品質保証値ではありません。
・上記表の内容は、改良のため予告なく変更されることがありますのでご了承下さい。
・本製品の使用にあたっては、用途に対応する法規則、および用途への適合性・安全性等を試験・確認下さい。

 
 
 

注)

 

ゲル含有率(%)

 

トルエンに溶解しないポリマー重量分比率を表します。
ラテックスのポリマーは架橋した巨大分子であるため
分子量を測定する適切な方法がありません。
ゲル含有率の数値は分子量の大きさの指標となります。

 

Tg(ガラス転移点:Glass transition temperature)(℃)

 

DSC(示差走査熱量計)測定によるポリマーが低温でのガラス状態からゴム状態へと移りはじめる温度を示します。
Tg低い=軟らかい、Tg高い=硬い。

 

フィルム吸水率(%)

 

乾燥したラテックスのフィルム(室温にて1日乾燥して作製、その後100℃で20分処理、厚さ約0.7mm)を水に浸漬し、3時間後と24時間後の重量増加率を測定したものです。数値の低いほど耐水性が良好です。

 
 
ラテックストップ  
NEWS リンク おことわり English サイトマップ Copyright(c) NIPPON A&L INC.All rights reserved.